SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< はじまりの宣言&オレンジデイズ | main | ギャップ。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

オレンジデイズ
 今日は何だか疲れた。いろいろありました。すごく1日が長かったような気がする。
ということで、早朝5時半帰宅の自宅から、昨日の続きをば。

オレンジデイズ
 とりあえず今週の回までの話を見てる限り、「単なる恋愛モノの学園ドラマ」でしかないのではないかと思うんだよね。柴咲コウの設定を除いて、は。で、柴咲コウ演じる聴覚障害いう設定については、トヨエツ×常盤貴子の『愛していると言ってくれ』の大ヒットで一視聴者として経験済み。すなわち、ドラマを構成するパーツの一つ一つが、既にこれまで経験したことのあるものばかり(学園ドラマ×聴覚障害の設定)で構成されていることが、「しっくりこない」原因なのではないかと。
 つまり、“絵”としてキレイに見せ、センスの良い音楽と合わせて、フレッシュなキャストで「演出」をしても、結局の構成要素が「ありもの」であるため、そこに違和感が生じてしまっているみたい。恐らく、『愛していると言ってくれ』を経験していなかったら、相当インパクトのある作品だったんだろうと思うんだけどね。あのインパクトを経験してしまっている以上、どうやっても「焼きなおし感」が払拭されないんじゃないかと。
 個人的な意見としては、何も柴咲コウを聴覚障害にしなくても、十分面白いドラマだったんだろうにと思う。確かに、同じ表現でも、クチでの表現と手話を通じての表現では重みが違うというのはある。でも、そこを前提にして話が作られてる部分も多分にあって、制作側の意図が見えみえっていうか、むずがゆいというか。
 …と初っ端から相当煩いことを書いたけど、まあフツーに見る分には好きなドラマですよ、これ。じゃなきゃクソ忙しいのに、わざわざHDDに録画してまで観ないっつーの。逆に言えば、好きなドラマだからこそ、こんないちゃもんもつけられるっていうことで一つ。
(って褒めるのを最後に持ってくるところが自分らしいっていうか、なんていうか…笑)

| - | 06:15 | comments(0) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

| - | 06:15 | - | - |










http://buri.jugem.cc/trackback/3
エンタメタイトル/オレンジデイズ/「オレンジデイズ」の研究
↑ 「オレンジデイズ」の研究 オレンジデイズ:画像検索結果 オレンジデイズ:動画検索結果 オレンジデイズを、徹底リサーチ ニュース、WWW、ブログ検索結果 オレンジデイズ:ニュース検索結果 オレンジデイズ:WWWサーチ結果 オレンジデイズ:関連最新ブログ検
| キーワード・リサーチ | 2006/10/05 5:35 PM |